HOME > ARTIST > ポール・ギルバート

ARTIST

ポール・ギルバート
1966年アメリカ、イリノイ州生まれ。5歳の頃から両親の影響で、ビートルズ や ジミ・ヘンドリックス等 を聴き始めたのを機に音楽に目覚める。9歳の時にはレッド・ツェッペリンはキッス といったハード・ロックも聴くようになり、この時にはギターも弾き始める。ハイ・スクールを卒業したポールはL.Aはハリウッドのミュージシャン養成スクールに在籍し、講師なども務めた後、1986年にレーサー Xを結成しプロ・デビューを飾る。1988年にはレーサー Xを脱退しエリック・マーティン、ビリー・シーンらのMr. Bigへ参加し同バンドは大成功を収める。Mr. Bigは1996年に活動を停止しポールはソロ活動を開始(1999年にバンドからの脱退を正式に表明)。1997年に「キング・オブ・クラブス」でソロ・デビュー。「フライング・ドッグ」(1998年)「アリゲーター・ファーム」(2000年)「バーニング・オルガン」(2002年)「スペース・シップ・ワン」(2005年)と順調にソロ・アルバムを発表、いずれも大ヒット!そしてここ日本でも他を圧倒するギター・テクニックと高度なミュージシャン・シップに裏打ちされたキャッチーなハード・ロック・サウンド、そしてその明るいキャラクターで一躍人気者となりソロ・アーティストとして不動の地位を築く。

そして2006年にはポールのギタリスト生活の30周年にあたり、それを記念してポール初のギター・インスト・アルバムへの挑戦を表明する。“ギタリスト、ポール・ギルバート”として持てる才能と情熱の全てを注ぎ込んだインスト第1弾「ゲット・アウト・オブ・マイ・ヤード」を2006年7月に発表。日本を含めたツアーで、海外でもその人気振りを改めて満天下に知らしめた。

2008年1月にはインスト第2弾「咆哮!!」をリリース。その超人的なテクニックは当然のこと、更なるメロディの追及により、一段とスケール・アップした作品に。
「メタルな欲求を満たした」という本人のコメントどおりに、凄まじいギター・プレイが聴ける8曲目は、正にアルバム・タイトルの『咆哮 !!』というにふさわしい楽曲。
エルヴィス・コステロの曲を取り上げたり、バッハの曲をモチーフに使用したり、エルネスト・ブロッホ(ユダヤ人作曲家)という現代音楽の作曲家の曲を取り上げたりと、様々な音楽への造詣も聴かせてくれます。

2009年、MR. BIGの脱退から約10年を経て、オリジナル・メンバーによる再結成が実現。全国縦断ツアーを行い、東京・武道館公演はレコーディング及び映像収録が行われ、『Back To Budokan』としてワールドワイドで発売された。

2010年には、インスト・アルバム・シリーズの集大成とも言える『ファズ・ユニバース』を発表。2000年代に入ってからはインスト・シリーズと歌入りアルバムを分けてリリースしてきたが、この作品をもって分割制作は一段落し、以降の作品は歌入り・インストがミックスされた作品となっている。

前年に当たる2009年のMR. BIG再結成ツアーが好評だったことを受け、MR. BIGは現在、ロック・プロデューサーとしてNo. 1のステイタスを誇るケヴィン・シャーリーをプロデューサーに迎え、ポール参加のスタジオ・アルバムとしては『Hey Man』以来となる『What If…』を2010年末に発表。同時に札幌から福岡まで全10公演に及ぶジャパン・ツアーを発表。翌2011年1月には世田谷区の東宝スタジオでイベント性の高いアコースティック・ライヴ・プロジェクト『Live From The Living Room』を開催する。ステージ上にリヴィング・ルームのセットを配置し、曲によってはストリングスや和太鼓などのゲストを迎え行われたこのスペシャル・ライヴは大きな話題となり、2011年4月の再結成MR. BIGの活動に弾みをつけ、ツアーの準備にかかった時、東日本大震災が発生。ツアー開始直前の被災だったため、ほとんどの関係者・ファンはツアー延期を覚悟していたが、ポールを含めMR. BIGメンバー全員が「こんな時だからこそ、日本のファンを少しでも勇気づけ、復興の助けになれば」と被災地のチャリティのために「The World Is On The Way」を急遽レコーディングし、震災で会場が破損した仙台以外、当初の予定通りツアーを決行。第二の故郷とも言える日本のファンに変わらぬ敬意と友情を示したのである。また、この2011年ツアー初日の大阪城ホール公演はMR. BIGにとって通算100公演めに当たる記念すべきショウで、同公演はライヴ・レコーディングされ、『Raw Like Sushi 100』として発売された。

世界を回った『What If…Tour』が終了すると、ポールは歌入り+インスト合体アルバム『Vibrato』の制作を開始。奥さんの恵美さんを含めた新編成のポール・ギルバート・バンドを率い日本公演も行った。珍しくギターはポールだけという編成ではあったが、バラエティに富んだ選曲と直前に発表された『Vibrato』の出来が良かったこともあり、ツアーは大きな成功を収めた。

数年前から始めたオンライン・ギター・スクールで教えることの面白さにのめり込んでいったポールは、同時に長年に渡りステージ上で爆音にさらされていたことに起因する聴力低下もあり、あまり人前に姿を見せない時期もあったが、2014年になると「そろそろアルバム出さないと忘れられてしまうよ」という日本側の要請を受け、企画性の高いギター・インスト・アルバム『幸福なるシジフォス』の制作を開始。自作のインスト曲でなく、ポールが好きなヴォーカル曲をインスト曲にアレンジするという、アイディアが光る作品となり、多くのギター・マニアを唸らせた。ツアーも計画されたが、この年、MR. BIGが『What If…』に続くスタジオ・アルバムを制作することになり、ツアー計画はキャンセルされ、MR. BIGのアルバム制作、そして完成したニュー・アルバム『…The Stories We Could Tell』を引っさげた日本ツアーを再度成功裏に終え2014年を終えた。

2015年はポールにとって転機の年となった。2014年に発表された『幸福なるシジフォス』はギター・マニアには大きな反響を呼んだものの、MR. BIGからのファンからはちょっとマニアックすぎるという意見が多く、次の作品はセルフ・プロデュースではなく、プロジェクト全体を客観的に見てくれるプロデューサーが必要という観点から、MR. BIGでも起用したケヴィン・シャーリーをプロデューサーに立て、現在までのところ最新作となっている『I Can Destroy』を制作。このレコーディングはリハーサル段階からビデオ撮影されており、レコーディング・ドキュメンタリーをDVD3枚+ボーナスDVD1枚のヴォリュームで網羅した初回限定盤は発売と同時に完売するなど、大きな話題となった。

2016年はポールにとって、アルバム・デビューとなったRACER Xのデビュー作が発売されてから30周年に当たる。アニバーサリー・イヤーに当たる今年は30周年記念ベスト・アルバム『PG-30』(仮題)を発表する予定になっている。

www.paulgilbert.com
totop
WEB SHOP INFORMATION
ジョー・エリオット&ダウン・アンド・アウツ 「
ザ・ファーザー・アドベンチャーズ・オブ〜アーティスト:ダウン・アンド・アウツ」 太っ腹の全買特典あり。
Web盤
エリック・マーティン/Over Japan DXエディション 。2015年来日し、念願のソロ公演を実現したエリック・マーティンの7月14日赤坂ブリッツ公演に加え、各地公演ダイジェストをパッケージごとに1公演ずつ収録。
MR.BIGのライブとはまたひと味違うエリック・マーティンは必見です!
キングクリムゾン。17cmジャケット・シリーズのなかでも特異なダブル・紙ジャケット仕様。プラチナSHM+DVD Audio。好評発売中。
紫/QUASAR デビュー・アルバムから40年。時の経過を微塵も感じさせない世界レベルの珠玉のハード・ロック・アルバム完成。WOWOWエンタテインメントオフィシャルWEBショップにて好評発売中!
キング・クリムゾン、クリムゾン・キングの宮殿。LP盤ピクチャーディスク。好評発売中
MR.BIG/The VAULT オフィシャル・アーカイヴ・ボックス。20CD+2DVD+特典ディスク2枚のWEB限定盤。予約開始!
イアン・アンダーソン/ホモ・エラティカス:デラックス・エディション【WHD限定特典:英文BOOK完全対訳+歌詞対訳付き】WHD WEB SHOPで発売中
検索
WHD entertainment, Inc.のブログ
WHD entertainment, Inc.の裏ブログ