HOME > NEWS > 2017.01.13

NEWS

ビル・リーフリン復帰!KING CRIMSON ダブル・カルテット時代に突入!
2017.01.13
ビル・リーフリン復帰! KING CRIMSON ダブル・カルテット時代に突入!

2016年ツアーを前にバンドを離れたビル・リーフリンがキング・クリムゾンに復帰することが発表された。

リーフリンに代わって2016年ツアーに参加したジェレミー・ステイシーもそのままバンドに残るということで、キング・クリムゾンの歴史上最多の8人ラインナップ期が始まった。
ロバート・フリップはこの8人編成クリムゾンを日記でダブル・カルテットと表している。これはアルバム『スラック』制作時の6人編成期にギター、ベース、ドラムがそれぞれ2名在籍していて、バンド内でトリオ編成のバンドを2つ作ることが可能だったためダブル・トリオと呼んでいたことに由来している。しかしながら今回はメンバーこそ8名いるが、ベーシストは現在トニー・レヴィンのみ。これをダブル・カルテットと呼ぶには多少無理があるように思うが・・・。

このリーフリンの復帰を受けて、フリップは今年のキング・クリムゾン・ライヴ・ツアーの大まかな概略も発表。6月から7月にかけシアトルを皮切りにウエスト・コーストを南下し、一旦オフを取り秋にイースト・コーストを回るスケジュールになるということだ。この件に関しては昨年夏にDGMの代表、デイヴィッド・シングルトンが来日した最にもほぼ同様のことを言っていたので、水面下では既に細かい調整に入っている模様だ。例年秋からクリスマス前にかけて行われていたツアーを今年は夏からスタートさせる理由は前半のウエスト・コースト・ツアーは夏のコンサート・シーズンに合わせ、野外会場を使用することが検討されているからだそうだ。シングルトンの話によれば、この夏のツアーの会場候補にはロサンゼルスのハリウッド・ボウルも含まれているという。
WEB SHOP INFORMATION
 ポール・ギルバート/PG-30 Zepp Tokyo 2016.9.26 
 キング・クリムゾン オン(アンド・オフ)ザ・ロード 40thアニバーサリー・ボックス・日本アセンブル盤
ジョー・エリオット&ダウン・アンド・アウツ 「
ザ・ファーザー・アドベンチャーズ・オブ〜アーティスト:ダウン・アンド・アウツ」 太っ腹の全買特典あり。
Web盤
エリック・マーティン/Over Japan DXエディション 。2015年来日し、念願のソロ公演を実現したエリック・マーティンの7月14日赤坂ブリッツ公演に加え、各地公演ダイジェストをパッケージごとに1公演ずつ収録。
MR.BIGのライブとはまたひと味違うエリック・マーティンは必見です!
キングクリムゾン。17cmジャケット・シリーズのなかでも特異なダブル・紙ジャケット仕様。プラチナSHM+DVD Audio。好評発売中。
紫/QUASAR デビュー・アルバムから40年。時の経過を微塵も感じさせない世界レベルの珠玉のハード・ロック・アルバム完成。WOWOWエンタテインメントオフィシャルWEBショップにて好評発売中!
イアン・アンダーソン/ホモ・エラティカス:デラックス・エディション【WHD限定特典:英文BOOK完全対訳+歌詞対訳付き】WHD WEB SHOPで発売中
検索
インタビューメディア「KUSAGIRI」